★白い魔法使いの 白い世界へ橋渡し♪

白い魔法使いがあなたの夢を遙か北の大地森と湖に囲まれた白く輝く世界から導きます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香りの聖杯 香油道 そのはじまりとは・・・⑤♪

神は人が超えられない試練を人には与えない。貴方の目の前に起こることは全て幸せへのプロセス!最高でーす♪

Tanaan, tervetuloa Kiitos! (本日もお越しくださりありがとうございます。)

本日もフィンランド、北極圏から

Hyvää päivää! (ヒュヴァー)パイヴァー!(こんにちは!)

昨日は、とっても嬉しい事がありました

にひ!


さて、本日は香油(香り)のその効果・効能とは?になります。

その前に今現在、この世界には香り(匂い)がどれくらいあるのでしょうか?

エッセンシャルオイルだけでも妬く300種類以上有るそうです。

そして、科学合成香料を合わせるとその数、数千(万かも)種類にはなるのでは無いでしょうか?

では、人間はどれぐらいの匂いを感知できるのか?というと

約400,000種類

と言われています。

で、わんこ(犬)人間よりも1000倍から1億倍もあると言われています。

凄いですね(~_~;)

話しを人間と香りの方に戻します。

人間の嗅覚の役割とは何でしょうか?

大まかに分けると下記になります。

【危険予知】:生命に危険を及ぼすものを探知(腐敗臭・焼け焦げ臭・ガス漏れ等の異臭)

【食料検知】:腐敗・口にした過去の記憶の確認

【異性探知】:体臭で確認

(こちらは以前のブログにも書きましたが、女性は男性より嗅覚が優れていて運命の人を嗅ぎ分けられるそうです)

となります。

そして、香りは、心理的・精神的効果を及ぼす社会的な刺激としては、かなり注目されています。

ドイツの精神科医テレンバハは、嗅覚を味覚とともに

「人間の出会いを最深部で媒介する感覚」

と表現しているほどです。

香り(匂い)は人間の生理や精神活動だけでなく、身体の機能にも影響を与えることが知られています。

現在さまざまな分野で脳波や脳磁波を使った研究が進んでいますが、香り(匂い)の持つ働きや有効性を科学的に証明しようという研究が始まったのは、およそ1980年頃からのことです。

例えばこれらの実験で、

鼻をつまんでリンゴを食べると生のジャガイモのような味になり、その状態で暗闇でオレンジとリンゴのジュースを飲み比べても違いがわかりません。

このように、においは私たちの生理機能にさまざまな影響を与えます。

おいしそうなにおいは消化器の連動を高めて消化液の分泌を促し、悪臭は私たちの活動意欲をそぎ、ときには頭痛の原因にもなります。

アンジェリカという植物の根に含まれているエグザリトリドは、ジャコウのにおい成分であるムスコンによく似た化学構造を持っています。成熟した女性はこのにおいに敏感に感じ、排卵期に最も敏感になり妊娠すると鈍感になりますが、男性や少女はほとんど感じることがないそうです。

不思議ですよね(@_@;)

そして、香料植物のなかにはofficinalis(薬用の)とついているものが多数あります。

これらの植物から得られる香油は、その香りを楽しむだけでなく、

心身の病を癒す神秘的な力

があると古くから信じられていました。

香りの効用に注目されるようになったのは20世紀前半のことで、フランスの医師のによって研究成果が発表され、民間療法に用いられるようになりました。

そう、香りは医学的にも認められたものなのですね。

香りそのものの心身への効果は、割愛しますが、アルコール、ケトン、テルペン、エステルが多い芳香油は鎮静剤的な働きがあり、

アルデヒド、フェノール類、脂肪酸エステルを多く含む芳香油は興奮剤的な作用があることがわかっています。


そして、香りは、様々なことに使われ、下記のような効用が期待されます。

★気持ちや神経を休ませる鎮静効果

★心を和やかに明るくしてくれる高揚効果

★心身を温め情緒を安定させるリフレッシュ、リラックス効果


など・・・。

また、生態系とにおいの関係は密接に関わっています。

生物の世界は多くのにおいで満ち溢れています。

植物も動物もにおいを仲立ちにしてさまざまに生命を営んでいます。

例えば、美しく咲く花は、においで昆虫を誘って受粉を行わせ種の保存を図り増す。

昆虫はその花の蜜を吸って個体を維持するように、においは動物と植物の垣根を越えて生物界全体の交流を橋渡ししています。

また、先にも書いた人間の女性が自分に合う男性のDNAを嗅ぎ分ける匂いの代表として

フェロモンというのがあります。

植物の中には風媒花である稲の花のようにほとんどにおわないものもありますが、動物にとっては、においは生きるために必要な食物を探す手がかりであり、敵味方を見分けて身を守る、異性を誘引する、生活圏や群社会を作るなど、種と個体を保存するための貴重
な情報になります。


そしてフェロモンを更に細かく説明すると、同種の生物間のにおい信号で、異性の誘引、生活圏の主張、警報の伝達、群社会の構成維持、食餌探索のための道しるべなどの情報を交換するために分泌される物質のことで、異種生物間の情報交換のために分泌されるにおい物質もあります。

また、人間はこの臭いの特質を活かしある生き物に応用しています。

皆さんもご存知の犬。

犬は人間の 100 万倍以上も嗅覚が鋭いことで知られていますが、多種類のにおいを認識することができ、人間一人ひとりの特徴を識別できるので、震災時の被災者救出や麻薬所持などの犯罪捜査にも活躍しています。

長くなったので続きますね。

今回、ひっぱるにゃーーー

「nähdaan(huomenna)」(なはだーん)またね~♪

~~~~~Kiitos! PELHONEN&インセンス・アラビアン~~~~~

インセンス・アラビアンナイト&Kiitos! PELHONENをご利用頂いている皆様にお知らせです。

ここ最近、ブログ&FBでもちょこちょこお知らせしていた「香りの聖杯」香油道ですが

東京でも実際にこの「香りの聖杯香油道」を体感していただけることになりました。

題して、

★「香りの聖杯香油道」体験&交流会&みきこ女王様の必殺ドSリィーデイング(汗)

日時:10月10日、11日(12:00~17:00)

場所:自由が丘


詳しい詳細の方は明日、Kiitos! PELHONEのカートUPでお知らせさせて頂きますのでお楽しみにお待ちくださいませ。

ここまで、お読み頂きありがとうございます。

皆様の応援、励みになります(*^_^*)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

     にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(ヨーロッパ人)へ

ランキングバーナー

          ↑     
フィンランドおらば

皆様の応援花おらばも大喜び♪ 心から感謝!.

| 香油道 | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanalioncyan.blog50.fc2.com/tb.php/1005-ece5f570

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。