★白い魔法使いの 白い世界へ橋渡し♪

白い魔法使いがあなたの夢を遙か北の大地森と湖に囲まれた白く輝く世界から導きます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

気付く

私は不要な感情を手放し、愛と感謝を贈ります♪

今日はとてもお天気が良いですね。

近所の公園に散歩に行きたい感じです。

まだ、ちょっと寒いけど・・・(^_^;)

今日は、先日シンボルをお問い合わせ頂いた方からのメールをご紹介いたします。

~~~~ここから~~~~

花らいおん様


お世話になっております。

自己愛のシンボルのお問い合わせをしましたMSです。

ここからはお時間があればお読みください。

自己愛のシンボルをお問い合わせしたメールを送信した日、私は会社帰りに文庫本を一冊買って帰りました。

電車の中などでそれを読んでいたのですが、不思議な巡りあわせに少々驚きました。

その話の内容ですが、主人公の男性は幼少期体が弱く、一度は危篤になり死に掛けるのです。

その時、男の母親は山の中の沼に出かけ、沼に住む主の妖怪に自分の命を食わせてやるから息子を助けてくれ、と頼むのです。

母親はそのまま行方不明になり(妖怪に食われたからですが)息子はそれを知らずに成人し、幼い頃自分を捨てて突然消えた母親を少々恨むようにも感じていた、というくだりがありました。

私はこの部分を読んでから電車を降り、深夜に近い時間だったので人通りもまばらだったのをいいことに歩きながら泣きました。

自分と自分の母親にリンクしているところがあったからです。

私も幼い頃、非常に体が弱く、母親を散々心配させました。

母親はそれこそ私と心中しようとするくらいに私に対して助けたいと必死だったのですが、彼女は元来非常にヒステリーで明るい性格ではなかったために小さかった私には私が体調を崩すたびに怒り狂う鬼のように見えていたのです。

母は母なりに私のために必死でいたのに、彼女の態度は私には怒りといらだちの部分しか見えていなかった。

加えて、人間としての性格が彼女とは折りが合いませんでした。

もし身内じゃなかったら生涯意図しては接しないようなソリの合わなさです。

あらゆる面で激しい対立をし合い、悲惨な関係でした。なので成人してからもなかなか温かい意味で理解しあうということはなく、今も離れて暮らしていますが心のどこかでもうこの先母には会わないかもしれないな、と感じているところがあります。

しかし、その小説のくだりを読んで、母も苦しかったんだろうなぁ、と突然降って湧いてくるものがありました。

それと同時に小さい頃、母に全く甘えられなかった自分が不憫で小さかった自分によしよし、甘えられずに悲しかったね、と胸のうちで声をかけるような気持ちになりました。

ここのところ、母のことについては無感情に近い雰囲気で「別に恨んでもいないが思い出すこともない、ずっとこのままでも構わない」とプラスに思わなくともマイナス感情すら枯れたくらいだったので突然このような気持ちになったことが不思議で、ふと、昼間に自己愛のシンボルのお問い合わせをしたことを思い出したのです。

もしかしたらお問い合わせしたことで何かが繋がったのかもしれないなあと。

実際にまだ画像ファイルをいただいたわけでもないにお問い合わせしたことで何かが開いたのかもしれないな、とピンときたわけです。

夜道をボロボロ泣きながら歩く私はさぞ変な人だったかとー(笑 それでは、画像ファイル楽しみにしております。

MI

~~~~ここまで~~~~

このメールを読ませていただいて私もシンクロする所があり、思わず泣けてきてしまいました。
私も子供の頃、喘息でかなり身体が弱く、母や父に心配をかけていました。

両親が喧嘩をする度に発作を起こしていたと思います。

とても不安な子供時代だったと思います。

そして、両親の愛情をとても欲していたんだと思います。

それらの記憶が今の人生の中にも現れてくるのでしょう・・・

でも、私はきっと両親に愛されていたんだと思います。

改めて気付かせてくれたMIさんに心から感謝と愛を贈ります。

ありがとうございます。



~~~~お知らせ~~~~

春龍さま、お申し込みのメールを頂いたのですがエラーになって返ってきます。
お手数ですが、他にアドレスがありましたらご連絡をお願い致します。

「絵で夢を叶える♪」セミナー
若干の空きがありますので参加希望の方はこのブログ右横の各セミナーのお知らせからお申し込みを受け付けています。

以上、よろしくお願い致します。

~~~~ここまで~~~~


ここまで読んでくださってありがとうございます。

貴方の夢が叶いますように!


絵を描くパワーになります。ポッチっとよろしくです(^^ゞ

       ↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 遠距離恋愛へ ランキングバーナー



| 気付き | 11:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hanalioncyan.blog50.fc2.com/tb.php/153-2b63832d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。